パスワードを忘れた? アカウント作成
16591939 story
宇宙

新たに土星の衛星が62個発見される、総数145個で太陽系で最大に 34

ストーリー by nagazou
細かい定義ないのか 部門より
木星と土星は自身の強い重力の影響から多数の「衛星」を有していることが知られている。そのうちの土星で新たに62個の衛星が発見されたという。この発見で土星が抱える衛星は合計145個となり、92個の木星を抜いて太陽系で最も多くの衛星を抱える惑星となったそうだ。今回、カナダのブリティッシュコロンビア大学などの国際的研究チームが発見したものだという(ブリティッシュコロンビア大学理学部Live ScienceTechnoEdgesorae)。

研究者の間で木星と土星の衛星発見ブームでも起きているのか、2023年2月にアメリカのカーネギー研究所のチームが「木星を周回する衛星を新たに12個発見した」と報告。そのときに最多だった土星の83個を上回った。その後、冒頭のブリティッシュコロンビア大学の研究チームが「画像シフトスタック法」と呼ばれる手法を用いて土星を観測。これまでは小さすぎ、または暗すぎて発見できなかった衛星を今回、大量に発見したと発表している。

soraeの記事によると、惑星とは異なり衛星には明文化された定義が存在していないという。現状では事実上の定義として「太陽以外の天体を長期的に公転していると観測で証明された天体」が衛星と呼ばれているそうだ。

あるAnonymous Coward 曰く、

いくらなんでも一気に増えすぎでは。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by harutin_99 (34900) on 2023年05月18日 15時36分 (#4462354) 日記

    土星の輪の厚さが薄いところだと(どうやって測ったのかしらんが)10mって聞いたときは衝撃だった。
    手賀沼の水深が最大3.8m平均0.9mって浅さに驚いたとき以来。

    • by Anonymous Coward

      昔、薄さで勝負されていたころのノートPCは、「最薄部」の厚さをアピールしたもんです。
      実体は一部分だけ尖らせて薄くしてただけでしたが。

      土星の輪っかもチャクラムの刃のように外側ほど薄くなってたりして。
      それなら10mどころじゃなく、数cmくらいかもしれない。

      というより輪っかはバラバラになった氷の粒がそうになって回っているだけなので、平均的な厚さはわかりますが、薄さって地球からじゃわからなさそうですよね。

    • by Anonymous Coward

      「土星の環・・・マイクロメートル (μm) 単位からメートル (m) 単位の無数の小さな粒子が集団になり」
      らしいから、考え方(測り方)に依ればミクロン単位程度の厚さと言ってもOKなんじゃない。
      土星自体、基本ガスだから、大きさは地球で言えば大気圏の大きさみたいなものかもね。

  • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 14時34分 (#4462293)

    月以外に天然衛星がありそうだけど,
    聞いたことないな。あるのかな。

  • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 14時36分 (#4462295)

    準衛星なんて区分が出来て、いくつかは仲間外れになるんじゃないかと…

    • Re:いずれ (スコア:3, 興味深い)

      by Anonymous Coward on 2023年05月18日 14時48分 (#4462305)

      準衛星はあります [wikipedia.org]…。

      ただコレは小さい衛星って意味ではない。
      惑星の回りを公転してないのに、惑星からの座標で見ると惑星を公転してるように見える小惑星のことなので注意。

      スケートで例えると、ペアで手を握って振り回してるのが惑星と衛星。
      2人がトラックを周回してて、小さい人が右から抜いて前から左に回って後ろに戻って右に、という動きを1周で行う場合が準衛星。

      用語として準衛星が使えないとなると、まぁ、矮衛星とか矮小衛星とかになるかねぇ。
      土星の場合、リングの構成物質と衛星の差異はどうなってんの、って感じもあってすげー微妙だな。

      親コメント
    • by nnnhhh (47970) on 2023年05月18日 15時28分 (#4462345) 日記

      惑星のアナロジーで言うと小衛星じゃないですかね
      数限りなくなっちゃうし長径10㎞以上とかでいんじゃねかなー
      100㎞でも良いか… 恐怖と敗走のご兄弟にはご遠慮いただくことになるが

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        土星の環を構成している氷の塊もミクロな視点ではその1つ1つが衛星と言えなくもない…かも

        • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 20時04分 (#4462503)

          準惑星の定義の一部を援用して、

          「その軌道近くから他の天体が排除されていること(ただし共鳴関係にあるものは除く)」

          こんな感じにしておけば、衛星とリングの氷塊の区別はつくかな。
          リングの構成物質は、他の天体(他の氷塊)が排除されてない。

          一方、リングの中にある衛星(羊飼い衛星 [wikipedia.org]と言われる)は、リングの氷塊をその軌道から排除している。

          しかしまぁ、この調子で土星の衛星増やしてくと、リングから飛び出た氷塊すら衛星扱いしかねないな…。
          どこかで基準を決めるべきかもね。

          親コメント
    • by Anonymous Coward

      すでにあります [wikipedia.org]けど?

    • by Anonymous Coward

      準衛星なんて〜の意図はいま衛星扱いのものが衛星ではなくなるのではないかでありどんな名前になるかなんてのはどうでもいい。
      ドワーフスターでもアレゲ星でもなんでもいい。

  • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 14時37分 (#4462296)

    観測精度が上がれば、輪を構成する岩塊(氷塊?)を識別できるようになるだろう。

  • この定義で進めるとするなら、観測技術の向上につれ、輪をもつ惑星は何十とか言う位ではなく
    何千何万と言うスケールで衛星が認定されるようになるんではないか。

    「長期的に」というのはどれくらいの期間を指すのだろう。何千、何万年単位?
    数年観測して安定しているとかでいいなら、地球の墓場軌道 [wikipedia.org]にあって
    今後も安定して回り続けると考えられる人工衛星は既に二百余機あるそう [gigazine.net]だから、
    太陽系で一番衛星を持っている惑星は地球と言うことにならないだろうか。

    • by Anonymous Coward

      他のコメントにもあるように土星のリングを構成している岩や氷を衛星としてカウントしたら、地球が勝てるはずがないと思う

      • by Anonymous Coward

        なーに、こっちには [srad.jp] デブリが [science.srad.jp] ある。 [science.srad.jp]

        • by Anonymous Coward

          輪っかの幅だけで地球が3個並ぶくらいあるんだけど…
          推定質量は地球よりだいぶ小さいから、地球自体を粉々にすれば…惑星がなくなったら衛星とは呼べないか

  • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 17時18分 (#4462416)

    太陽様は偉い!

    • by Anonymous Coward

      いて座A*「いや、まあ、それほどでもあるかな」

  • by Anonymous Coward on 2023年05月18日 19時45分 (#4462494)

    名前の付け方の本が売れそう

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...