パスワードを忘れた? アカウント作成
13843825 story
バイオテック

ブタの体内で人間の膵臓を作製する研究、東大が今年度にも実施へ 86

ストーリー by hylom
臓器工場は実現できるか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

東京大学などの研究チームが、人間の膵臓をブタの体内で育てる研究を2019年度にも始めるという(日経新聞)。

人間のiPS細胞をブタの受精卵に注入してブタの子宮に入れ、胎児まで育てた後に脾臓を取り出すという手法。将来的にほかの臓器での応用も検討しているという。

海外では研究が進んでいたものの、国内では規制があり研究が進んでいなかった。このため厚生労働省などは動物と人間の細胞が混ざった「動物性集合胚」とよばれる受精卵を動物の子宮に戻して出産する行為について、4月にも解禁する方針を決めたという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Takahiro_Chou (21972) on 2019年02月22日 9時08分 (#3569265) 日記

    マンガ雑誌「チャンピオンRED」最新号で、豚を使った移植用の臓器ネタのマンガが有ったな……
    オチは「世界一高価なメスブタ」と云う色々と酷いモノでしたが

  • なるほど、このやり方なら、SF作品で見られるような、
    部品取り用のクローン人間を作ってバラすという倫理上の問題をクリアできるわけですね。
    ってマジか
    現実はSFより奇なりだよほんと

  • (別宗教で)輸血拒否で死ぬほどのの教徒もいるんだから、
    豚のパーツを拒否して手術をしない人もいて不思議じゃないか・・。

    一方で「豚は食べちゃいけないけど、臓器は移植してもへーきへーき!」って教徒も
    出るんだろうなー。

    • by Lurch (10536) on 2019年02月22日 10時41分 (#3569326)
      気持ちの問題はどうにもできないかもしれません。

      このあいだ、金のかぶせ物が取れてしまったので、歯医者で少し大きめのに付け替えたのですが、
      取れた物を溶かして再生してくるって言うのでお願いしたのです。
      「本当に良いですか」ってしつこく聞かれるので、不思議に思って、「るつぼで溶かしてしまうので、他人のでも気にならない」って答えたんですが、担当の歯医者さんは「他人のはやだな~」って言ってた。

      るつぼで溶かしたら有機物は分解してしまって、原子になって(酸化して?)殆ど飛んでいってしまうと思うのだけど......
      元の金属の塊だって、どこから来たか判らないじゃないですか、長野かどっかで下水から金が取れるとか言ってなかったけ?

      理屈では理解しても、気になる人は気になるらしい。
      --

      ------------
      惑星ケイロンまであと何マイル?
      親コメント
      • >担当の歯医者さんは「他人のはやだな~」って言ってた。

        獣の死骸から剥ぎ取った毛皮や皮革製品を忌避する人達もいますね。
        日常接する機会が多いとさらに生々しそうだし。

        >理屈では理解しても、気になる人は気になるらしい。

        穢か業を背負いたくはないんでしょうね。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        下水どころか、遺灰から貴金属抽出するのがトレンドですねぇ。
        従来、遺灰の処分は業者に随意契約1円で処分してもらってたのが、儲かるってことで競争入札にした自治体もあるとか。

        まぁ、穢れってのは来歴不明になった時点で消滅しますから、中間業者経由してロンダリングすれば問題無いんじゃないですかね。

  • by Anonymous Coward on 2019年02月22日 11時00分 (#3569340)

    これってこの記事と同じ話を東大で始めるって事だよね
    https://wired.jp/2017/03/09/first-human-pig-chimera/ [wired.jp]

    キメラと呼ぶとなんか禍々しい。

  • by pinpin735 (48705) on 2019年02月22日 19時50分 (#3569754)
    提供元の性格が提供先に影響を与えるっていうオカルトがありますけど、 豚から作った臓器を使った場合の影響がどの程度になるのか気になりますね。 もしかしたら、豚の影響が提供先に出て、 食ってお風呂に入って寝てるだけの性格になりえるかもしれません。 その場合の保証などが知りたいですね、やはり生きてるからには仕事をしたいものです。
  • by Anonymous Coward on 2019年02月22日 8時55分 (#3569255)

    リアル猪八戒ですか。
    さてリアル沙悟浄はどんな形で蘇るのか。

    • by monyonyo (43060) on 2019年02月22日 9時41分 (#3569300)

      猪八戒は天の川の水軍の司令官である天蓬元帥が追放されて豚に転生したものですが、沙悟浄は捲簾大将が追放された後、地上の河に住み着いただけなので、ただの天人なんですよね。

      親コメント
      • by nemui4 (20313) on 2019年02月22日 11時14分 (#3569351) 日記

        天界から地上に追放されて流砂河に住みついて妖怪化したんだっけ。
        もとは砂の河のはずなのに日本伝来後に河の妖怪~河童にされっちゃったって話をどっかで聞いた。

        親コメント
        • by monyonyo (43060) on 2019年02月22日 12時46分 (#3569401)

          流砂河はあくまで水の河ということになっています。なので、猪八戒が水中で沙悟浄と戦うシーンなどがあったかと。
          河の中にいたということで日本では河童にされてしまうことが多いですね。作中では顔が真っ黒なことから竈の神様と勘違いされるシーンがありします。

          親コメント
    • by Anonymous Coward

      まず河童を用意しないと...

  • by Anonymous Coward on 2019年02月22日 9時15分 (#3569272)

    人内で人育てて内臓取り出して何故ダメなんだ。。。?
    倫理って誰に規制されてるんだろう?
    誰が誰に許可するんだ?

    • 法的な観点からは、人を殺すと殺人罪なので、できません。
      倫理的な観点からは、一般的に人の生命は動物の生命よりも尊重すべきものとされています(異論があるのは存じておりますが)。その線引きには何の根拠もありませんが、何の根拠もないからこそ、既存の線引きを守るほかないのです。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        胎児の段階で取り出すというのは、そこらへんを見越しての対処なのだろうか。
        しかし合法云々は別として、よく踏み込む気になれたな…。

        • by Anonymous Coward on 2019年02月22日 10時49分 (#3569332)

          もう一つの観点では「ヒトから産まれたもののみをヒトとみなす」という暗黙の了解…了解、ではないな、なんといえばいいか…お約束みたいな主張があります。

          現代の技術では、という限定つきですが、今のところヒトはヒトからしか産まれませんし、ヒトはヒト以外を産みません(ここも深掘りすると色々あるけど棚に上げておく)。

          ですので、それを一つの基準とすれば、ヒトのDNAの一部を組み込んだ細胞をうにゃうにゃして新生物を作ったとしても、「ヒトの腹から産むかどうか」という明確な線引きで「人間かどうか」の判定に利用できます。
          (あくまで過渡的な、複数の判断基準のうちの一つですけどね。「心臓が止まったら死」みたいなもの)

          ・・・でもフツーの人にとっては、もっと手前の「ヒトの受精卵をうにゃうにゃする」ところで倫理的なアラームが鳴ると思うんで、ソレと技術の進歩、そして潜在的な”救われるヒトがいる”というメリットとのバランスが難しいですね。

          脳死臓器移植も同様なんですけど、「倫理アラームが鳴っても進めたい技術、でもいつか不要になると嬉しい技術」なんですよねぇ。

          親コメント
          • それだと、ヒトの受精卵をブタで育てて、ある程度したら取り出して育てると、
            遺伝子的には完全にヒトだけどヒトでないものの出来上がりですね。
            そういう存在を複数生み出して、その間で交配・反映させると、ヒトではない
            「人種」が出来上がる、と。

            #この設定を作品に使いたい方はご連絡を!

            親コメント
      • by Anonymous Coward

        元コメの考えにしたがうと線引きの(根拠ではなく)妥当性は「経験的にこれがいちばん無用に苦しい思いをせずにすみそうだから」ということで、これは保守的
        もっとも倫理を言葉で根拠づける作業は必要で、そうしないと他人を説得できない

        アニマルライツの人などは彼の言語化された思想から守るべき根拠のある倫理を導きだし、動物は食べても実験動物にしてもいかんと言っていいて、これは左翼的
        こいつらは「動物も苦痛を感じるから殺すの禁止」と主張して、殺していい動物とだめな動物をはっきりと線引きしていて、貝とエビの間に引いていたはず

    • by Anonymous Coward

      このストーリーの話で出てくる胎児って、人細胞の膵臓を持った豚の胎児という扱いではないの?
      「豚内で人育てて」の「人」はどこから出てきた話?

  • by Anonymous Coward on 2019年02月22日 10時55分 (#3569335)

    膵臓なのか、脾臓なのか文章からわからん。タイトルは膵臓で、本文は脾臓。
    わけわかめ。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...